三井住友VISA カードクラシックカード クラシックA 違い

三井住友VISAカードクラシックカードとクラシックAの違い

 

三井住友VISAクラシックカードと、クラシックカードAには、いくつかの違いがあります。

 

旅行保険における三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

まず、旅行の損害保険の最大保障料金です。クラシックカードの場合、海外旅行のみで、最大2000万円になります。

 

それに対し、クラシックカードAの場合、国内旅行で最大2000万円、海外旅行で最大2500万円になります。

 

よって、この点に関しては、クラシックカードよりも、クラシックカードAの方が保証金額が高いため、お得です。

 

年会費における三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

次に、年会費の違いです。クラシックカードの年会費は、税抜き1250円で、学生(大学生)の場合は在学中無料です。家族会員の場合、年会費が税抜き400円です。

 

それに対し、クラシックカードAの年会費は、税抜き1500円で、学生(大学生)の場合、卒業予定年まで税抜き250円になります。家族会員の場合、年会費が税抜き550円です。

 

よって、この点に関しては、クラシックカードAより、クラシックカードの方が、少し安くなります。

 

カードデザインにおける三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

そして、最大の違いはカードのデザインです。クラシックカードにはこれといった柄などは見当たりませんが、クラシックカードAには、カードの右部分にAのマークが薄く表示してあります。

 

一見見分けにくいと思われがちなのですが、よく比べてみると、違いがよくわかります。

 

 

三井住友VISAクラシックカードの口コミ情報

 

特にこれといった特徴はないんですがやはりVISAカードは持っていると便利ですね。マスターカードをメインとして使っているんですが、海外に行く際は三井住友VISAクラシックカードを持って行くことで安心です。


 

確かに三井住友というブランド力はありますが、正直それだけ?という感覚も否めません。女性と食事をする時や仕事関係で食事に行く際にこのカードで支払えば恥ずかしい思いをすることはありませんが、メリットとしてはそれくらいかもしれません。まあ、日本というお国柄、カードを使っているだけでステータスになってしまうので、三井住友でなくても問題ないのかもしれませんが。


 

場所を選ばずに使えるカードです。普通にカッコいいカードだと思います。会計の際に楽天カードを出すよりはカッコはつくはずです。ポイントについてはあまり貯まらないという声も聞きますが、個人的にはそこそこ貯まると思います。これも使い方次第でしょう。ポイントアップモールというサービスもありますし、年間カード利用額によるポイントアップも用意されています。これらを使いこなせば意外と貯まるはずですよ。