三井住友VISA クラブカード クラブカードA

三井住友VISAクラブカードとクラブカードAの違い

三井住友VISAクラブカードと三井住友VISAクラブカードAでは、後者の方が若干スペックが高いカードとなっています。

 

まず、2つのカードはともに入会初年度の会費は無料となっていますが、三井住友VISAクラブカードでは2年目からは税抜で1,250円、クラブカードAを選択すると1,500円の会費の支払いが必要となり、クラブカードAの方が少し高くなります。

 

利用可能枠やショッピング保険、ポイントサービスなど、多くの面で三井住友VISAクラブカードと三井住友VISAクラブカードAのスペックは一緒ですが、旅行傷害保険に関しては補償内容に少し違う点があります。

 

三井住友VISAクラブカードでは、旅行代金をカードで支払うことを条件に、最高補償額が2,000万円の海外旅行傷害保険を付帯させることができますが、三井住友VISAクラブカードAでは最高補償額が2,500万円まで引き上げられ、さらに海外旅行だけでなく国内旅行をする際にも保険を付帯させることができます。

 

三井住友カードの一般カードを所持する場合、通常は三井住友VISAクラブカードでも十分ですが、仕事が休みになるとよく国内旅行をしているのであれば、三井住友VISAクラブカードAの方に申し込むと良いでしょう。

 

 

三井住友VISAクラブカードの口コミ情報

 

私の場合はクレヒスを育てるためにカードを保有しています。一般的に銀行系は審査難易度が高いと言われていますが、三井住友VISAカードは難なく審査に通りました。限度額が高めなのも個人的には助かっています。デメリットを挙げるとすればポイント還元率の低さでしょうか。0.5%のポイント還元率は予想外にポイントが貯まらないものですね。


 

簡単な条件を満たすことで年会費が無料になります。スペックとしてはまあまあ平均的といったところでしょうか。ポイント還元率の低さは目に付きますが…。ただ、旅行保険がしっかり付くので初めて作るカードとしてはいいのではないでしょうか?


 

後々はゴールドカードを手に入れようということでまずはクラシックカードを申込んでみました。限度額もしっかりあって使い勝手は良さそうです。ポイントは可でもなく不可でもなくといった感じですね。トータルするとまずまずのカードではないでしょうか。