三井住友VISA プライムゴールドカード ゴールドカード 違い

三井住友VISAプライムゴールドカードとゴールドカードの違い

  

 

三井住友カードが発行するクレジットカードである「三井住友VISAプライムゴールドカード」と「三井住友VISAゴールドカード」は、同じゴールドカードでありながらいくつかの違いがあります。

 

三井住友VISAプライムゴールドカードとゴールドカードの入会可能年齢の違い

特に大きな違いとしてまず挙げられるのは、入会可能な年齢です。三井住友VISAプライムゴールドカードは20~29歳に入会資格がある20代限定のカードで、三井住友VISAゴールドカードは入会可能な年齢の下限が満30歳となっており、30代以上の人向けのカードとなってます。

 

もし、三井住友VISAプライムゴールドカードの所有者の年齢が30歳に達した場合は、その後最初にやってくるカードの契約更新の際に三井住友VISAゴールドカードへと切り替わります。

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードとゴールドカードの年会費の違い

また、年会費の仕組みにも違いがあります。

 

三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は税抜で5,000円となっていますが、明細の受け取り方法と支払い方法の選択の仕方次第では1,500円まで値下げすることができます。

 

一方、30代に入って三井住友VISAゴールドカードに切り替わると、年会費はそれまでの2倍の10,000円となりますが、こちらも条件次第では4,000円まで割引してもらうことができます。

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードの口コミ情報

 

ステータスカードということですがこれは使う人次第なんじゃないかなと思います。それなりにいい店で使うのであればステータスとしてカッコいいのかもしれません。しかし、私のようにスーパーの特売日を狙て足を運ぶような人にはちょっとどうなのかなと思います。格安年会費なのはありがたいので合う人には合うカードなのかなと思います。


 

ポイント目的だったら作らない方がいいかもしれません。ポイント目的なら年会費無料でいくらでもカードは見つかりますからね。ポイントではなくステータスやカッコよさを求めるならおすすめできるカードです。ドクターコール24や万全のセキュリティなどのサービス面はかなり強いんじゃないかなと思います。


 

 

三井住友VISAゴールドカードの口コミ情報

 

年会費とのバランスが取れたカードですね。通常年会費が1万円でそこからさらに割引になります。ちなみにJCBゴールドカードは割引にはなりませんでした。他には三井住友ならではのブランド力があります。安っぽい無料カードのようにバカにはされませんよね。国内空港ラウンジが無料で利用できるのも魅力の一つです。


 

本当にステータスのあるカードなのか疑問に思っています。確かにゴールドカードとしてのステータスもあるでしょうし、審査もそれなりの難易度があると思います。しかし、海外旅行保険の補償額が他のゴールドカードと比べて低めなのが気になります。もしかしたら年会費を安くして顧客を囲い込んでいるだけ?なのかなと感じています。