三井住友トラストカード 三井住友VISAカード 違い

三井住友トラストカードと三井住友VISAカードの違いとは?

 

 

三井住友トラストカードと三井住友VISAカードは、ともに「三井住友」の名称が使用されていることもあり、間違えて理解されやすいクレジットカードといえますが、スペックを比較するとこれら2つのカードの違いがはっきりと分かります。

 

基本的な三井住友トラストカードと三井住友VISAカードの違いは?

まず、クラシックカードでは、2つのカードはともに年会費が同じ設定で、条件付きで最高2,000万円の旅行傷害保険を付帯させられるなど、基本的なスペックに違いは見られません。

 

ただし、三井住友VISAカードのクラシックカードでは、年会費が少し値上がりする分、旅行傷害保険の最大補償額が上乗せされるなど、スペックが少し充実するクラシックカードAを選択することができます。

 

かつては三井住友トラストカードでもAカードを取り扱っていましたが、現在は新規会員の募集を停止しています。

 

ゴールドカードで三井住友トラストカードと三井住友VISAカードに大きな違いが

一方、ゴールドカードになると、2つのカードに大きな違いが出てきます。

 

例えば、三井住友トラストカードでは、初年度の年会費を最大で2,500円(税抜)まで値引きできますが、三井住友VISAカードだと初年度は完全に会費が無料となっています。

 

2年目以降は原則としてどちらのゴールドカードも年会費は10,000円ですが、三井住友VISAカードのゴールドカード会員のみ、一定の要件を満たせば4,000円まで値引きさせることができます。

 

 

三井住友VISAトラストカードの口コミ情報

 

特にこれといった特徴がないのが特徴でしょうか。まあ三井住友ブランドのカードが手軽に持てるというのはありがたいですけどね。旅行保険が付いているのでその点は個人的には嬉しいかなといった感じです。あとは特に目立った特徴はないので可でもなく不可でもなくといった感じです。


 

他の方も言われていますがこれといった特徴はないカードかなと思います。ただ、一通りの機能は備わっているので便利ではあります。リボ・分割の両方に対応していますし、ポイント制度によってボーナスポイントももらえます。電子マネーも付けることができるので、一通り欲しい機能は揃っているかなといった感じです。


 

コスパはいいと思います。年会費は初年度無料。2年目以降は費用が発生しますがそこまで高くありません。使っていることでポイントも普通に貯まります。旅行保険も付いているので海外旅行の際も安心です。何より三井住友ブランドのカードを持っていることがステータスにつながります。