三井住友VISAクラシックカード 海外旅行保険

デビュープラスにない三井住友VISAクラシックカードの海外旅行保険

 

三井住友VISAクラシックカードは三井住友カードが発行している最もスタンダードなクレジットカードですがこのカードには初めてクレジットカードを持つ人向けの三井住友VISAデビュープラスカードには無い特徴があります。それは、海外旅行保険です。

 

三井住友VISAクラシックカードの保険内容

三井住友VISAデビュープラスカードは初心者向けのカードであるため、年会費は無料である分、会員特典の種類も少なく、旅行傷害保険はまったく付帯されません。

 

しかし、三井住友VISAクラシックカードを所持していると、海外旅行の代金をカードで支払うことで、最高で2,000万円の海外旅行保険を付帯させることができます。

 

海外旅行保険が付帯されていると、旅行に出発してから一定の期間、移動中や滞在地で事故や災害に巻き込まれて怪我をしたり後遺障害が残った場合や、他人の持ち物を壊すなどして法的な損害賠償責任を負った場合、自分の持ち物が壊れたりぬすまれたりした場合などに、引受先となっている損害保険会社から一定の金額までを限度に保険金を受け取ることができます。

 

旅行保険の保険期間は、旅行開始から旅行を終えて自宅に戻るまでの間で、三井住友VISAクラシックカードの場合は最大で3ヶ月間となっています。

 

ちなみに三井住友VISAクラシックカードの海外旅行保険は利用付帯です。もし、年会費無料で自動付帯の海外旅行保険がいいという方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

⇒ 年会費無料で持てる海外旅行保険自動付帯のクレジットカード3選

 

 

三井住友VISAクラシックカードのショッピング保険

三井住友VISAクラシックカードにはショッピング保険も付いています。

 

三井住友VISAクラシックカードのショッピング保険詳細

対象 海外・国内
適用条件 リボ払いまたは分割払い(3回以上)
自己負担額 1事故につき3,000円
対象期間 購入日と購入日の翌日から90日間

 

この中でおそらく適用条件が引っかかっているのではないでしょうか?リボ払い・分割払いを嫌う人も中にはいるでしょう。しかし、このリボ払い・分割払いをうまく回避する方法もあります。

 

それがリボ払いの設定額をカード利用枠いっぱいに設定するという方法。例えば

 

  • カード利用枠=50万円
  • リボ設定額=50万円

 

と同じにしてしまえば設定上はリボ払いでも実際は一括払いと同じ状態にすることができます。これによりリボ払いの手数料を回避することができます。

 

残念ながら分割払いの手数料は回避することはできませんが、リボ払いなら行けます。この方法を使うことでカード年会費無料の条件も満たすことになるので知っておいて損のない方法だと思います。

 

参考までに。